その他

ダイエット【超初心者向け】いちばん初めにやるべきこと〜やり方編〜

『疲労回復アドバイザー』の河合です!

今回は、こんなお悩みにお答えします。

f:id:gagner0429:20181025141156p:plain

なんでもそうですが、

初めてやることって、よくわからないですよね。

 

調べたり、聞いたりするけど、

情報量が多くて、もっと分からなくなってしまいます。

  • ダイエットで、いちばん初めにやることがわかる

いままで、健康に関する資格を3つ取得しました。

そして、現在も書籍や勉強会で、

体の仕組みや栄養学など、深く勉強しています。

そういう中で、太る原因もわかりました。

僕は、これからお伝えする方法を実践してます。

その方法も含め、ここ3年間は体型をキープしています。

これからの内容が、

ダイエットを始める人のお役に立てますように。

ダイエット初心者が、いちばん初めにやること

結論

結論からいいます。

ダイエット初心者が、いちばん初めにやること。

それは、

あま〜い飲みものをやめることです。

 

f:id:gagner0429:20181025204502p:plain

まず手始めに、これからやめましょう。

これだけでも、痩せる可能性が高くなります。

なぜ、あま〜い飲みものをやめることが、

いちばん始めにやることなのか?

大きく理由は2つです。

理由① 血糖値

太る仕組みです。

それは、血糖値が必要量をこえてしまうからです。

 

わかりやすく解説します。

 

まず、血糖値とは、

血液中のブドウ糖の値のことです。

 

いい換えると、血液中を流れる糖のことです。

 

食べものを食べると、

栄養素は、腸から吸収され、肝臓へいきます。

 

その肝臓から、

栄養素が血液と一緒に、必要なところへ運ばれていきます。

 

その栄養素の中にブドウ糖があります。

 

要するに、食べものを食べると、

血液中の糖の値が高くなるということです。

 

この血液中の糖は、生命維持には欠かせない栄養素です。

 

だったら、

たくさんあったほうがいいんじゃない?

 

と思われるかもしれません。

 

たしかにあったほうがいいのですが、

大事なのは、量の問題です。

脂肪になる

食べものを食べると、

血液中の糖の値が高くとお伝えしました。

 

その糖は、必要な細胞へ運ばれます。

 

でも、血液中の糖が多かったらどうなるか??

グラスで例えます。

 

f:id:gagner0429:20181025192027p:plain

 

水が、血糖値

グラスが、体に必要な血糖値の量

 

だとします。

 

このまま、水が注がれたらどうなるでしょか?

 

こぼれますよね?

 

じゃあ、このこぼれた分は、

そのまま使われないので、排泄される、、、

わけではありません。

 

先ほども、お伝えしたとおり、

体にとって重要な栄養素です。

 

だから、今後のために、貯めておこう!

 

となります。

 

じゃあ、どうやって貯められるのか?

 

それは、脂肪となってため込まれます。

 

これが、太る仕組みです。

 

つまり、

溢れた分の水は、

あとで使うから、氷として冷凍しておこう!

 

みたいな感じです。

急上昇するもの

では、どんな食べ物だと

血液中の糖の値が上がるのか?

 

いちばん、急激に、大きくあげてしまうのが、

甘いのみものです。

 

液体のものは、固形のものにくらべ、

消化・吸収しやすいです。

 

だから、そのぶん、

すぐに大きく血液中の糖の値をあげることになります。

 

f:id:gagner0429:20181025193824p:plain

 

そして、いっきに必要量から大きくあふれ出た分の糖は、

脂肪として、ため込まれます。

理由② 脂肪が分解されない

2つ目の理由です。

 

血液中の糖が増えると、必要な分は、

各細胞に運ばれていくとお伝えしました。

 

でも、自動的に運ばれていくわけではありません。

 

インスリンというホルモンによって、運ばれていきます。

 

ホルモンとは、

Aという細胞から、Bという細胞へ伝える

メッセージのようなものです。

 

例えていうなら、メールみたいなものです。

 

f:id:gagner0429:20181025204705p:plain

 

インスリンというのは、

数あるホルモンの中の1つです。

 

このインスリンの役割は、おもに2つです。

  • 糖を必要な細胞へ運ぶ
  • 脂肪の分解をストップさせる

つまり、血糖値が上がれば上がるほど、

脂肪としてため込まれるし、

いまある脂肪も減らないことになります。

 

だからこそ、根本の原因になっている、

血糖値の上げすぎを防ぐ必要があります。

 

そのためにも、

甘い飲みのもはやめたほうがいいです。

対策

f:id:gagner0429:20181025204518p:plain

 

そうはいっても、スタバのキャラメルフラペチーノ飲みたい!!

 

いままで好きで飲んでいたものを

すぐにやめることは難しいですよね、、、笑

 

僕も、大好きなカレーライスを食べるなと言われたら、

我慢できないかもしれません。笑

 

じゃあ、甘い飲みものをやめるにはどうしたらいいか?

 

コツとしては、

いっきにやめるのではなく、少しずつやめる

ということです。

 

たとえば、

いままで、

 

1日に2杯飲んでいたのであれば、1杯にする

 

とか、

 

1日1杯だったものを、2日に1杯にする

 

とか、

ちょっとずつ減らしてことが

継続させるためのコツです。

まとめ

以上が、ダイエット初心者が、

いちばん初めにやることでした。

 

まとめると、

血糖値を上げすぎないよう、甘い飲みものをやめるということです。

 

いきなりやめれないなら、少しずつやめていきましょう。

 

大事なのは、一時的ではなく、継続することです。

 

これが、習慣になれば、

太らないための習慣を、1つ身につけたことになります。

ダイエットのために必要なことは

まだまだありますが、

まずは、今回の内容から取り入れてみて下さい!

 

読んで頂き、ありがとうございましたm(_ _)m