その他

【血糖値日記】FreeStyleリブレとは??

『疲労回復アドバイザー』の河合です!

この度、【FreeStyleリブレ】を始めました。

f:id:gagner0429:20181103130017p:plain

こちらはどんなものなのか?

簡単にまとめました。

Free Styleリブレとは?

どんな機器か?

そもそも、この機器は、こんな目的のために使われます。

 

『本製品は、自己血糖値測定間の血糖値トレンドを推定し、

自己血糖値測定による糖尿病の血糖値管理を

補助することを目的とします。』

【公式】FreeStyleリブレオフィシャルサイト 参照

 

、、、要するに血糖値を測れるという機器です。

血糖値とは、血液中の糖の値のことです。

ただ、この機器は、厳密にいうと、

間質液中の血糖値の測定をおこないます。

つまり、血管の中というよりは、

血管の外の値を測ることになります。

なので、実際の血糖値ではないため、

多少の誤差はあるようです。

血糖値をはかる意味

もう少し、血糖値についてお伝えします。

血糖値は、体にとって必要なエネルギー源です。

食事をすると、胃腸で消化・吸収されたあと、

肝臓へいき、ブドウ糖として、血液中に出ていきます。

このブドウ糖は、細胞のエネルギー源となるため、

各細胞へ配られていきます。

でも、この血糖値が急にあがってしまうことが危険です。

血糖値の上昇に関して、

江部康二 先生の著書

『江部康二の糖質制限革命』

という本の中で、このように書かれていました。

 

「食後血糖値の急激な上昇をグルコース・スパイクと呼び、動脈硬化の大きなリスクとなります。

この危険は、糖質のトゲが、血管に刺さるというイメージで理解できます。」

 

「血糖値180mg/dlを超えれば、危険なことは医学研究で確認されているが、食後から2時間の血糖値が140mg/dlを超えていても、すでによくないというエビデンスが存在します」

 

「血糖値が140mg/dlという数字は、健康な人であっても、食事で糖質60gもとれば、一時的とはいえ、超えてしまう可能性があります。」

 

「白米飯を茶碗一杯ほど、あるいは、トーストを2枚食べれば、糖質量が60g以上になり、健康な人でも、血糖値が140mg/dlを常に下回っているのは、難しいのが現実なのです」

 

、、、要するに、血糖値が上がれば上がるほど、

病気のリスクが増えてくるということです。

そのほかにも、

血糖値の急上昇の悪影響として、

眠くなるということがあります。

それはなぜか?

 

たとえば、

サラリーマンが、昼食に牛丼を食べたとします。

すると、

血糖値の急上昇

血糖値を下げるため、インスリンが大量に分泌

急上昇の反動で、血糖値が急降下し、低血糖に

脳にとって、ブドウ糖が少ないのは生命の危機!!

省エネモードに入り、眠くなる

午後からの仕事の質が下がる

 

という悪影響が出ます。

こういった、いろいろな理由から、

血糖値の急上昇は危険です。

なぜ、リブレをつけるのか?

リブレをつける理由は、

適切なアドバイスが、出来るようになるためです。

 

健康維持には、血糖値のコントロールが大切です。

どんな食べ物で、血糖値が急上昇するのか?

どんな食べ方で、血糖値が緩やかにあがるのか?

知識としては、知っていますが、

実際に、数値として見たことはありませんでした。

だから、リブレをつけて、数値の変化を自分の目で確認します。

 

どんな数値の変化が出るか楽しみです!

読んで頂き、ありがとうございましたm(_ _)m