疲労回復

現代人が【ミネラル不足】になる3つの原因

『疲労回復アドバイザー』の河合です!

f:id:gagner0429:20181031211830p:plain

このように思っている人は、多いと思います、、、

 

と、言いたいところですが、

こんなこと考えて過ごしているひとって、

ほぼいませんよね?笑

ミネラルに限ったことではありませんが、

この栄養素が足りてないかも、

なんて細かく考えて食事をしているひとは

どれぐらいいるでしょうか?

むかしの僕は、もちろん、そんなこと考えていません。笑

とにかくお腹いっぱいになればいいでしょ!

そう思っていました。

でも、気をつかわないと、

5年後、10年後はどうなるか分かりません。

  • 現代人がミネラル不足になる原因がわかる

今回は、ミネラルに焦点をあてて書きます。

※ちなみにミネラルとは、

マグネシウム・カルシウム、鉄、亜鉛

などのことです。

いかにこれらが不足しているか

どうして不足してしまうのか

について、まとめました。

現代人がミネラル不足になる理由

f:id:gagner0429:20181101193612p:plain

現代人のミネラルが不足する原因は

大きく3つあります。

①腸内環境がわるい

原因

まず1つめです。

それは、腸内環境がわるいことです。

なぜなら、腸内環境がわるいと、

ミネラルの吸収ができないからです。

腸は、栄養素を吸収してくれる場所です。

ミネラルに限らず、すべての栄養素は、

ここから吸収されます。

この腸内環境がわるいと、

栄養素は吸収されません。

ただでさえ、

ミネラルは吸収されにくい栄養素なので、

さらに吸収されないことになります。

イメージでいうと、

腸はスポンジみたいなものです。

f:id:gagner0429:20181101183432p:plain

たとえば、

乾いたスポンジって、

しっかり水分を吸収してくれますよね?

でも、そのスポンジの素材が鉄だったら、、、

まったく水分を吸収しません。

腸内環境がわるいというのは、

素材が鉄のスポンジのように

栄養素を吸収しないことを意味します。

f:id:gagner0429:20181101184522p:plain

じゃあ、どうして、腸内環境がわるくなるのか?

いろいろな原因が考えられます。

・食品添加物
・抗生剤
・肉の消化不良
・食物繊維不足
・便秘

などなど、悪くなる原因はいくつもあります。

対策

では、どうしたら、腸内環境はよくなるのか?

正直、その改善策は、

原因によって変わってくるので、

一概には言えません。

ただ、幅広く適用する方法としては、

乳酸菌サプリや食物繊維を

を摂ることです。

ヨーグルトを摂るという方法もありますが、

個人的にはお勧めしません。

なぜかというと、

・カルシウム・マグネシウムのバランスがわるい

・炎症の原因となる、カゼインが含まれている

などの理由からです。

だから、サプリメントで摂る方がいいです。

サプリメントのいいところは、

「大量の栄養素を時間をかけずに、
いつでも、努力なしで飲める」

ところです。

改善までの道のりを

大幅にショートカットしてくれるものなので、

早く改善させたいなら、飲んだ方がいいです。

ずっと飲んだ方がいいとは言いません。

食物繊維など摂りながら、

腸内環境がよくなったら、

乳酸菌サプリはやめればいいです。

②食材に問題がある

原因

原因の2つめです。

それは、

食材そのものにミネラルがない

ということです。

もっと厳密にいうと、

食材からミネラルが流れ出てしまっている

ということです。

どういうことか??

スーパーなどで、このような食材を

見たことはないでしょうか??

f:id:gagner0429:20181101114007p:plain f:id:gagner0429:20181101113907p:plain

食材をきる手間を省いているので、

すぐ料理に使えます。

忙しくて、時間がないとき

食材を切るのが、面倒なとき

とても便利です。

でも、その代償として、

ミネラルをとることが、できないかもしれません。

それはなぜか??

パックに詰めるまでの工程で、

ミネラル(水溶性ビタミンも)が、

抜けてしまう可能性があります。

パックを詰めるまでに、

食材をゆでたり

殺菌するため、塩素水でじゃぶじゃぶ洗う

ということをしています。

カット野菜に関しては、

カットしてから洗うので、

切り口からさらに、

ミネラルが流れ出てしまう可能性が高くなります。

f:id:gagner0429:20181101193138p:plain

だから、

すでにカット済み野菜

すぐに料理として使える食材は

ミネラルがほぼないかもしれません、、、

それらを食材にして作られた

コンビニ・スーパーで売られているお弁当

安い外食

などでは、カロリーは摂れても、

ミネラル・ビタミンはとれない可能性が高いです。

対策

そういった理由から、

家で料理をする時は、すでにカットされたもの

ではなく、

野菜を切るところからはじめた方がいいです。

といっても、時間がないときや、疲れているときは、

むずかしいかもしれません。

そんなときは、カット野菜をつかってもいいと思います。

でも、体のことを考えると、

出来ればそういった食材は

使わないほうが、いいかもしれません。

③食品添加物の問題

原因

3つめの原因です。

それは、リン酸塩です。

リン酸塩とはなにか??

こちらは、食品添加物の1つです。

おもな役割として、

・白色を保つ


・弾力のある食感にする

ために使われる食品添加物です。

添加物として、毒性は確認されていません。

じゃあ、なにが問題なのか?

それは、ミネラルとくっつく性質

があることです。

ミネラルとくっつき、腸で吸収されず、

そのまま排泄されます。

つまり、

リン酸塩は、ミネラルを盗む

泥棒のような存在です。

f:id:gagner0429:20181101192237p:plain

さらに、やっかいなのは、成分表示に

リン酸塩と、表示されない場合があることです。

もちろん、リン酸塩と、

表示している場合もあります。

その表記があれば、その食品を買わない

という選択も出来ます。

でも、この添加物は、一括表示によって、

記載しなくていいことになっています。

どういうことか?

リン酸塩を使っていても、

・ph調整剤

・調味料(アミノ酸等)

・膨張剤

など、

それぞれの目的の1つとして使われていれば、

リン酸塩と、表記しなくていいことになっています。

つまり、別の添加物表示のなかに、

隠れることができます。

こうなってくると、

リン酸塩から逃れることはむずかしいです。

よっぽど、

食材や調味料にこだわって、手作りでしか食べない

という人なら別です。

じゃあ、どうしたらいいのか??

対策

1つの対策としては、

ミネラルの吸収が

阻害される以上のミネラルを摂る

ということです。

たとえば、

料理にゴマをふりかける

とか

海藻料理を1品加える

とか

多くのミネラルをとる工夫をする

ということです。

それによって、

ミネラルの吸収が

阻害される以上のミネラルを

とることができます。

最終的に、

ミネラルの量が、プラスになるような食事をする

ということです。

まとめ

以上が、現代人がミネラル不足になる3つの原因でした。

今回の内容はこちらの本を参考にさせて頂きました。

最後に、

1つだけ気をつけて頂きたいことがあります。

「ミネラル不足にならないために、
食にもっと気をつけなければ!!」

と思うあまり、

それがストレスになってしまっては、

意味がありません。笑

ストレスにより、

マグネシウムなどのミネラルが、消費されてしまい、

結果的に、ミネラル不足になってしまいます、、、

だから、食事をする上で大事なことは、

楽しく食べる!!

ということです。

たまには、みんなとワイワイしながら、

ファーストフードを食べてもいいと思います。

楽しく食べる!!

このあたりも意識して、

日々の食生活を楽しみましょう!

読んで頂き、ありがとうございましたm(_ _)m