プロフィール

はじめまして!!

はじめまして!!

『疲労回復アドバイザー』として活動している

河合 俊輔と申しますm(_ _)m

 

いちばん初めの記事なので、

かんたんに自己紹介させて下さい。

ざっくりと自己紹介

  • 1986年生まれ(32歳)
  • 『疲労回復アドバイザー』として活動中
  • 保有資格:臨床分子栄養医学研究会認定カウンセラー/健康管理士一般指導員/健康管理能力検定1級
  • 元アパレル、元アンチエイジング企業の代理店
  • 尊敬する人:秋元 康さん
  • キングダム(漫画)が好き
  • なで肩

現在の仕事

現在、『疲労回復アドバイザー』として活動しています。

簡単にいうと、疲れにくい体になるためのお手伝いをする仕事です。

 

たとえば、『寝ても寝ても疲れがとれない』という人がいた場合、

サプリメントをとれば、元気になるかもしれません。

 

でも、それは、表面上の解決にしかなっていません。

大事なのは、なぜ、疲れがとれない体になってしまったか?

という根本原因を探すことです。

 

その原因が、栄養不足かもしれません。

もしくは、睡眠の質が悪いのかもしれません。

ストレスかもしれません。

 

というように、疲れがとれない原因は、1つではありません。

複数の問題が絡み合った結果、『疲れがとれない体』になったわけです。

 

そして、その原因を探し出したあとは、

どのように、その原因を解決していくか? が大事になります。

 

そこで、僕がおこなっているのは、

『栄養・心・運動』の3つからアプローチして、

その原因を解決することです。

 

簡単ではありますが、これが、僕の『疲労回復アドバイザー』としての活動内容です。

尊敬する人

秋元 康さんのことは、今まで、ほとんど知りませんでした。

 

・AKB48をプロデュースした人

・美空ひばりさんの『川の流れのように』を作詞した人

 

この2つ以外の情報はありませんでした。

でも、あるきっかけから、秋元康の仕事学という本を読みました。

 

なぜ、秋元さんが、おニャン子クラブや、AKB48など、

次々とヒットを生み出せるのか?

という、秋元さんの考え方など具体的に書かれています。

 

仕事で、企画に携わっている人は、間違いなく読んだ方がいいと思いました。

そして、YouTubeで、秋元さんの仕事に、

密着取材した動画があったので、それも見ました。

 

その結果、秋元さんのファンになりました。笑

なで肩

お会いした方は、わかると思いますが、かなりのなで肩です。笑

過去の自分

病弱だった自分

過去の自分を一言でいうと、『病弱』です。笑

どんな過去だったかというと

病弱年表

15歳:肺炎で入院し、生死をさまよう

20歳:リンパ節炎で40℃近い高熱が出る、手術のため入院

23歳〜27歳:アパレルの販売員で多忙な日々を過ごし、寝ても寝ても疲れが取れず、休みの日は寝て終わる

もちろん、この間には、風邪をひきまくっています。笑

こんな感じで、もともと、病弱で、疲れやすい体質でした。

サプリメントに出合う

休みの日は、疲れをとるために寝て過ごすだけ

という、今考えると、もったいない日々を過ごしていました。。。

 

そんな毎日でしたが、とあるきっかけで、サプリメントをとり始めました。

すると、体調が変化していきました。

例えば、

低血圧:(56/82)→ 通常血圧:(85/112)

便秘:3日に1回 → 快便:毎日1〜2回

体温:35.5℃ → 36.7℃

などなど、数字で見ても、少しずつ、体調がよくなっていきました。

それに合わせて、疲れにくくなったという体感もありました。

 

今まで、サプリメントをとったことがなかったので、

サプリメントってすごい!!

と純粋に思いました。

 

サプリメントによって、自分の体調がよくなったことをきっかけに、

  • サプリメントは、健康になるためには必要だ!
  • この仕事は、体調がわるく、悩んでいる人のお役に立てる!

そういった想いがわいてきました。

その結果、サプリメントを扱う代理店の仕事を開始しました。

分子栄養学と出合う

仕事をしていると、サプリメントを飲んでも、

体調が、いまいち変わらない人がいることに気づき始めました。

 

当時は、なぜ、サプリメントが効かないのか?

ということが、わかりませんでした。

 

だから、「別のサプリメントを加えてみましょうか?」という

提案しかできませんでした。

(、、、今考えると、そんな提案しかできなかった自分が情けないです。)

 

そんな状況のなか、31歳のときに、

分子栄養学という分野に出合います。

 

勉強していくなかで、どんな状況だと、

サプリメントが効かないのか?ということも教わりました。

 

そして、いちばん大きな気づきは、毎日の食事が大切だということです。

「そんなの当たり前でしょ!!」

と思われるかもしれませんが、

正直、それまでは、

「サプリメントのんでいれば、食事は気にしなくていい!」

と、本気で思っていました。

「野菜を摂らなくても、サプリからとればいい!」

と、本気でそう思っていました。

 

だから、今まで、相手の健康のためと思って

サプリメントの提案しかしていませんでした。

(、、、過去に僕からアドバイスを受けた方、間違った提案しか出来ず、本当にごめんなさい。)

 

そこから、健康についての考え方が、いっきに変わりました。

そこでたどり着いたのが、現在の活動のテーマである

『サプリメントや薬に頼らない体づくり』です。

なぜ、今の仕事をしているのか?

今、どんな想いで仕事をしているかというと、

『“今”を楽しむ人を増やしたい』

という想いで、仕事をしています。

 

というもの、僕は、『疲れ』のせいで、

思うように楽しめなかった時期がありました。

 

たとえば、

約1年間、東京でアパレル販売員をしていた時期がありました。

大学を卒業してからすぐです。

 

東京に行ったら、渋谷に行って、青山に行って、、、

など行きたいところが、たくさんありました。

 

でも、疲れすぎて、それどころではありませんでした。笑

休みの日は、一日きっちり休まないと、体力が回復しなかったからです。

 

いま振り返ると、

「そりゃ、あんな食生活していたら、疲れるに決まってるじゃん!」

という、疲れがとれなかった理由は、よくわかります。笑

 

もし、あの時から、疲れない体づくりの方法を知っていたら、

「もっといろんなこと、出来ただろうな〜」

と、思います。

 

その時の僕のように、

疲れて、なにも出来ない。

疲れて、気力がない。

という人がいると思います。

 

そのせいで、今を楽しめないのは、非常にもったいないです。

 

だから、疲れない体づくりに関する情報を発信して、

少しでも、お役に立ちたい。

『“今”を楽しむ人を増やしたい』

という想いで、仕事をしています。

今後について

心理学を学ぶ

これから、本格的に心理学を学びます。

なぜなら、心の疲労を改善するためです。

 

疲れに関しては、体力的な疲労もありますが、心の疲労もあります。

心の状態によって、病気になることもあります。

 

過去の自分を振り返ると、疲れやすかったのは、

ストレスを抱え続けていた

ということも、原因の1つだったと思っています。

 

その後、心理学の本を読んで、行動に移すことで、

少しずつ、生きやすい人生になってきました。

 

そうなると、もっともっと、

心の仕組みを学びたい!

と思うようになりました。

 

心の疲労によって、今を楽しめない人もいると思います。

過去の自分は、もれなくそうでした。笑

 

だから、これから多くの人の『心の疲労』を改善するためにも、

心理学を本格的に学びます。

いま、いちばん叶えたい夢が、

自分の本を出版することです。

内容は、疲労をいかに改善するか?についてです。

 

なぜ本を出したいのか?

理由は3つです。

ワクワクする

まず、1つめの理由は、ワクワクするからです。

というのも、僕は、本が好きです。

よく本屋にも行きます。

 

もし、本屋さんに自分の本が並んでいたら、、、

そう考えると、ワクワクしてきます。

だから、本を出したいです。笑

助ける側にまわる

2つめの理由です。

それは、本によって、なんども助けられたからです。

今まで、落ち込んだ時、うまくいかない時など、

本屋に行くようにしていました。

 

なぜなら、必ず、今の問題を解決する本に出会うからです。

いま考えると、とても不思議です。。。

 

そんな経験があるので、

今度は逆の立場になりたいと思いました。

つまり、問題を解決する本を出す側になるということです。

証明する

最後の3つ目です。

これが、いちばん大きな理由です。

それは、

『どんなことでも、自分を変えればうまくいく』

ということを証明するためです。

 

というのも、今までの人生で、

特にすごい結果を出したことが、ありませんでした。

どれも、平均点の結果でした。

 

そんな普通の人間でも、やればできるんだ!ということを、

本を出版する、ということを通して、

世の中に伝えたい!

と思っています。

 

もちろん、本を出すためには、

『疲労回復アドバイザー』として、

多くのお役に立つ活動が必要だと思います。

 

そのためには、知識や経験がもっと必要だと思います。

 

だから、これから一段一段、階段を登って、

『どんなことでも、自分を変えればうまくいく』

ということを証明します。