呼吸

今、この瞬間から出来る【風邪を引かないための予防法】

『疲労回復アドバイザー』の河合です!

今回は、風邪を引かない体づくりについてです。

そろそろ、布団のぬくもりから、

出たくない季節になってきました。笑

 

寒くなると、インフルエンザになったりと、

体調を崩す人も増えてきます。。。

  • 小学生でも出来る、風邪を予防する方法がわかる

この方法は、僕自身も、大きく効果を実感している方法です。

そして、今、この瞬間からできる方法です。

それは、どんな方法か??

まとめました。

風邪を引かないための予防法

f:id:gagner0429:20181114191810p:plain

結論

さっそく、結論からいきます。

風邪を引かないための予防法は、

鼻呼吸をすることです。

これだけで、風邪を予防する効果があります。

理由

それはなぜか?

鼻の粘膜には、免疫が集中しているからです。

とある論文の中で、このように書かれてあります。

 

『鼻腔は、下気道へと向かう吸気の加湿·加温作用、吸気中に含まれる様々な微生物やアレルゲンを吸着し、これを粘液線毛運動によって除去する作用など、生理的そして非特異的な生体防御機構を備えている。』

『さらに、分泌型IgAを中心とする特異的生体防御機構も備え、病原微生物を排除、
あるいは、これらを常在菌叢として共存させる、極めてユニークな器官である』
引用元:鼻粘膜の免疫生理と病態

 

専門用語が多くて、わかりずらいですよね、、、笑

要するに、鼻というのは、

呼吸だけの器官ではなく、

悪いウイルスなどを除去してくれる器官でもあるということです。

 

鼻呼吸にくらべ、口呼吸だと、

そういった悪いウイルスが素通りしてしまいます。

 

例えて言うなら、鼻呼吸は、

セキュリティ対策がバッチリしている、マンションのようなものです。

 

マンションの入り口はオートロックで、

防犯カメラもあります。

それに、警備のひとが常にいます。

 

鼻呼吸は、こんな感じでセキュリティがしっかりしています。

 

f:id:gagner0429:20181114210351p:plain

 

それにくらべ、口呼吸は、

なに一つセキュリティがないマンションに、住んでいるようなものです。

 

泥棒が入り放題です。笑

 

f:id:gagner0429:20181114174212p:plain

 

だから、鼻呼吸をすることで、風邪を予防できます。

その他のメリット

鼻呼吸のいいところは、

風邪を予防するだけではありません。

酸素が行き届く

肺で取り入れた酸素は、最終的に、各細胞に渡されることになります。

でも、口呼吸だと、しっかり細胞へ酸素を届けることが出来ません。

 

なせかというと、血液中の二酸化炭素濃度が下がるからです。

 

というのも、血液中の酸素を、

各細胞に渡す役割をしているのが、二酸化炭素です。

 

その二酸化炭素の濃度が低いと、

酸素を渡せないことになります。

 

そなると、細胞の代謝機能が落ちます。

 

その結果、痩せにくい体や、疲れやすい体になる可能性が高くなります。

 

イメージでいうと、

酸素という荷物はたくさんあるけど、

二酸化炭素という、配達スタッフがいない状態です。

 

f:id:gagner0429:20181114182140p:plain

 

口呼吸は、どうしても呼吸が浅く回数が多くなります。

 

そうなると、二酸化炭素を吐き出す回数も多くなります。

 

だから、血液中の濃度が下がってしまいます。

 

それに比べ、鼻呼吸は、自然と呼吸がゆっくりになります。

 

そうなると、二酸化炭素が長く留まることになるので、

酸素の受け渡しが、しっかり出来ることになります。

 

f:id:gagner0429:20181114182309p:plain

血管がひろがる

もう1つの鼻呼吸のメリットは、

毛細血管がひろがることです。

 

なぜかというと、一酸化窒素がつくられるからです。

 

鼻呼吸をすると、鼻の内部で、

一酸化窒素というものがつくられます。

 

この一酸化窒素は、体にとって様々な良い作用があります。

その1つが、血管をひろげてくれる作用です。

 

体の隅々まで、酸素や栄養を届けるには、

細い血管を通る必要があります。

 

この細い血管のことを毛細血管といいます。

 

この血管がひろがれば、体の隅々まで血液が流れ、

酸素や栄養が行き届くことになります。

 

この血管をひろげる作用があるのが、一酸化窒素です。

 

たとえば、2車線の道路で渋滞がおきているとします。

f:id:gagner0429:20181114190452p:plain

もし、4車線にひろがれば、交通渋滞も一気に解決します。

 

その4車線にひろげてくれるのが、一酸化窒素です。

 

f:id:gagner0429:20181114190506p:plain

 

このように、鼻呼吸によって、

一酸化窒素がつくられ、毛細血管がひろがります。

まとめ

以上が、風邪を予防する方法でした。

 

今回は、こちらの本を参考にさせて頂きました。

こちらの本にも書いてあるのですが、

鼻呼吸にするために、口にテープを貼るという方法が書かれています。

 

僕は、家にいるときは、常に口にテープを貼っていました。

そのおかげて、今は、

自然と鼻呼吸ができるようになりました。

口呼吸をしていても、

それに気づき、鼻呼吸に切り替えることが、出来るようになりました。

意識次第で、鼻呼吸は習得できるので、

ぜひ、風邪を引かない予防として、実践してみて下さい!

読んで頂き、ありがとうございましたm(_ _)m